医療事務 資格 費用

代表的な医療事務系資格の一覧

こちらのページでは、病院・介護施設・調剤薬局などで使える代表的な資格を一覧にまとめました。取得までに必要な費用も掲載しているので、取得を考える参考にしてくださいね!

 

 

医療・病院事務資格の一覧と費用

医療事務 資格 種類 一覧

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 メディカルクラーク 評価5
超おすすめ

医療事務 資格 メディカルクラーク 難易度25
取りやすい

 

診療報酬請求事務能力認定と並ぶ医療事務資格の代表格。医科・歯科に分かれ、医療事務の処理能力と知識を判定。合格率は60%台と比較的高め。試験は毎月1回実施されています。

 

資格取得の費用は?

10,000〜80,000円。メディカルクラークの資格は市販のテキストが少ないため、ニチイの講座などでの学習が一般的です。受験料は7,500円。

 

\勉強のやり方や費用は?/

 

診療報酬請求事務能力認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 診療報酬請求事務能力認定試験 評価5
超おすすめ

医療事務 資格 診療報酬請求事務能力認定試験 難易度35
ふつう

 

医療事務の中では最も知名度が高く、最高峰とされる資格。医科・歯科に分かれ、診療報酬請求事務の全般的な知識を問われます。難易度はやや高めですが取得できれば大きな武器に。試験は年2回実施されます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜75,000円。独学でも可能ですが難易度が高いため、確実な合格を目指すため講座を利用する人が多いです。受験料は7,500円(2018年12月からは9,000円)。

 

 

医療事務管理士(R)(医科・歯科)

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 医療事務管理士 評価45
おすすめ

医療事務 資格 医療事務管理士 難易度3
ふつう

40年以上の実績がある定番の資格。患者受付、治療費計算、診療報酬明細書作成、カルテ管理など病院・医療機関の事務業務全般のスキルを問う資格です。インターネット試験を利用すれば、自宅で随時受検することができます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜55,000円。ソラスト教育サービスが出版するテキストや講座を利用して学習を進めます。詳細はこちら:技能認定振興協会をご確認ください。受験料は医科・歯科ともに7,500円。

 

 

医療事務検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 医療事務検定試験 評価35
あると便利

医療事務 資格 医療事務検定試験 難易度25
取りやすい

 

医療事務全般の基礎的な知識・技術、保険請求事務に関する知識を審査します。ハローワークや技術訓練校など、公的機関での取得目標資格にも採用されています。試験は毎月第4日曜日に開催されています。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。市販のテキストで独学するか、日本医療事務協会の講座を利用して学習します。通信講座なら最短1ヶ月、36,720円というコースもあります。受験料は7,560円。

 

 

医療保険士

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
通信講座の受講が条件

医療事務 資格 医療保険士 評価35
あると便利

医療事務 資格 医療保険士 難易度2
取りやすい

 

病院の会計事務、保険診療の明細書作成などの技量を証明する資格です。実務経験のない初心者でも取りやすく、2〜4ヶ月で取得できます。早く資格が欲しい人向き。自宅で受験できます。

 

資格取得の費用は?

50,000円前後。ヒューマンアカデミーのたのまななど指定の講座を受講し、修了検定試験に合格すれば医療保険士として認定されます。試験は毎月行われ、受験料は初回無料。

 

 

診療情報管理士

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
主催団体の通信教育または指定大学・専門卒で受検可

医療事務 資格 診療情報管理士 評価45
おすすめ

医療事務 資格 診療情報管理士 難易度4
やや難しい

 

医師が書いたカルテなど診療記録の管理、整理、データ加工などを行う専門的な資格。昭和49年から続く伝統ある資格で、受験資格も設けられています。難易度は高めですが将来的に役立つでしょう。

 

資格取得の費用は?

200,000〜250,000円。受験資格がない方は日本病院会の通信講座を受講する必要があります。受験料は10,000円、認定料は30,000円。ステップアップの資格としておすすめです。

 

 

医事コンピュータ技能検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 医事コンピュータ技能検定試験 評価35
あると便利

医療事務 資格 医事コンピュータ技能検定試験 難易度25
取りやすい

 

医療事務の基本知識と、コンピュータの基礎知識、レセコンを使った正しいレセプト作成能力を証明する資格。準1級〜3級まで3段階にレベルが分かれています。学習は通信講座や独学がメインで、試験は年2回実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜100,000円。独学も可能ですが、パソコン操作に自信がない人は通学講座を利用したほうが確実です。受験料は3級で6,400円、2級で7,500円など。

 

 

医事オペレーター技能認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 医事オペレーター技能認定試験 評価25
ふつう

医療事務 資格 医事オペレーター技能認定試験 難易度2
取りやすい

 

医療事務コンピュータ(レセコン)の事務操作や処理技術、知識をはかる資格。難易度は低く取得しやすいですが、アピール材料としては少し弱いかもしれません。試験は年12回(毎月)行われます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜100,000円。通信講座がほぼ無いので、受講を考えるなら通学講座に絞られます。受験料は8,600円。

 

電子カルテオペレーション実務能力認定

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 電子カルテオペレーション実務能力認定 評価35
あると便利

医療事務 資格 電子カルテオペレーション実務能力認定 難易度2
取りやすい

 

教育用電子カルテソフト「C&C電子カルテシステムU」の基礎知識を問う資格。2010年から始まった比較的新しい資格ですが、合格率は例年80%程度。取りやすく、学んでおいて損はありません。試験は毎月実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。まだテキストが少ないので、公式教材やヒューマンアカデミーのたのまななどの通信講座で学習します。受験料は8,600円。

 

 

調剤・薬局事務資格の一覧と費用

調剤薬局事務 資格 種類 一覧

調剤事務管理士(R)技能認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 調剤事務管理士 評価45
おすすめ

医療事務 資格 調剤事務管理士 難易度25
取りやすい

 

調剤報酬についての理解度と、レセプト作成スキルを評価する資格。知名度が高い資格で、AKB48の横山由依さんも取得しています。試験は年6回実施なので都合に合わせて受験でき、学習期間は3〜4ヶ月。短期間で合格できます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。『ユーキャン』など一部の通信講座を受講すると在宅受験をすることができ、テキストを見ながら自分のペースで試験に挑戦することができます。

 

\勉強のやり方や費用は?/

 

調剤報酬請求事務専門士検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 調剤報酬請求事務専門士検定 評価45
おすすめ

医療事務 資格 調剤報酬請求事務専門士検定 難易度3
ふつう

 

全国500以上の薬局へ導入実績がある、業界内で知名度の高い資格。他の調剤薬局事務資格と違い3〜1級に分類され、2年毎の更新があるので常に最新の知識をインプットできます。試験は年2回実施。

 

資格取得の費用は?

20,000〜30,000円。テキストやe-ラーニング教育講座は専門士検定協会ホームページから申込できます。(書籍は一部Amazonでも購入可)受験料は3・2級で4,800円。

 

 

調剤報酬請求事務技能検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
協会指定講座の修了または高校・専門・短大・大学からの受験

医療事務 資格 調剤報酬請求事務技能検定 評価4
使える

医療事務 資格 調剤報酬請求事務技能検定 難易度25
ふつう

 

医療事務でおなじみ・三幸学園グループの主催資格。医療保険、薬の知識、調剤料の算定方法など基礎力が身に付きます。取得まで1〜3ヶ月、指定講座(日本医療事務協会)の合格率は80%以上と取得しやすさは抜群。

 

資格取得の費用は?

50,000〜75,000円。取得しやすさが魅力ですが独学では取れず、通信講座かスクールを利用する形になります。早く知識を身に付けて資格を取りたい人向き。受験料は6,480円。

 

 

医療保険調剤報酬事務士試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
指定の通信講座受講が必要

医療事務 資格 医療保険調剤報酬事務士 評価35
あると便利

医療事務 資格 医療保険調剤報酬事務士 難易度2
取りやすい

 

調剤報酬請求書を正しく作成する能力を評価する資格。主催団体の通信講座を受講し、修了すると医療保険調剤報酬事務士として認定されます。試験は随時実施され、在籍中は何度でも受験できます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜40,000円。ヒューマンアカデミーのたのまななど指定の通信講座を受講し、3回の中間テストをクリアで資格取得。受講者は在宅受験できます。初回修了試験のみ無料で、再試験は4,000円。

 

 

調剤薬局事務資格

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
認定教育機関カリキュラム修了で取得

医療事務 資格 調剤薬局事務士 評価35
あると便利

医療事務 資格 調剤薬局事務士 難易度2
取りやすい

 

主催団体が認定する教育機関(キャリアカレッジジャパンなど)の講座を受講し、自宅で修了試験を受け合格すると資格を取得できます。試験は随時受験できます。

 

資格取得の費用は?

40,000〜50,000円。資格取得自体は難しくありませんが、通信講座の受講が条件となります。受験料は5,600円。

 

 

調剤報酬請求事務技能認定

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
所定カリキュラムの習得が必要

医療事務 資格 調剤報酬請求事務技能認定 評価35
あると便利

医療事務 資格 調剤報酬請求事務技能認定 難易度25
取りやすい

 

調剤報酬請求事務の従事者として必要な知識・能力を身に付ける。資格試験ではなく『認定』なので、指定したカリキュラムを修了すると認定を受けられます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。ニチイの通信講座・通学講座など価格の安い講座が人気。中でも通学講座は50,000円以下とリーズナブル、期間も2ヶ月と短め。

 

 

介護・福祉事務資格の一覧と費用

介護事務 資格 種類 一覧

介護事務管理士(R)

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 介護事務管理士 評価4
使える

医療事務 資格 介護事務管理士 難易度25
取りやすい

 

介護事務の代表的な資格。介護費用の請求やケアプランの理解、ケアマネジャーのサポートなど介護施設の事務員としての能力を証明します。試験は年6回、奇数月の第4土曜日に実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。独学でも受験できますが、ユーキャンの講座受講者は在宅受験ができます。テキストを見ながら試験に挑戦できるので、自身の無い人はこちらがおすすめ。受験料は6,500円。

\勉強のやり方や費用は?/

 

ケアクラーク(R)技能認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 ケアクラーク技能認定試験 評価4
使える

医療事務 資格 ケアクラーク技能認定試験 難易度25
取りやすい

 

介護事務管理士と並ぶ定番資格。ケアマネジャーが作成したケアプランの遂行サポートや帳票作成、介護報酬請求など全般的な知識を問う資格です。試験は年6回実施されます。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。独学でも取得できますが、テキストがあまり出回っていないのでニチイの通信講座などを受講するのが一般的です。受験料は6,700円。

 

 

介護報酬請求事務技能検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
協会指定講座の修了または高校・専門・短大・大学からの受験

医療事務 資格 介護報酬請求事務技能検定 評価35
あると便利

医療事務 資格 介護報酬請求事務技能検定 難易度25
取りやすい

 

全国の専門学校や国の職業訓練などでも実施されている資格。介護保険の概要や請求事務全般など、現場で使える即戦力スキルを身に付けることができます。

 

資格取得の費用は?

50,000〜60,000円。独学では取得できないので通学講座に通う必要があります。日本医療事務協会の講座は短期間で取得できるので、早く資格が欲しい人にはおすすめ。受験料は6,480円。

 

 

福祉事務管理技能検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 福祉事務管理技能検定試験 評価4
使える

医療事務 資格 福祉事務管理技能検定試験 難易度25
取りやすい

 

福祉関連施設や介護施設の事務スキルを証明する資格。社会保障制度・福祉の法律・介護保険制度など社会保障全般の知識を学べます。活躍の場は広いでしょう。試験は年2回実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜20,000円。講座が少ないので、テキストや書籍を購入して独学で学習を進めます。受験料は3級で4,000円、2級で5,100円。

 

 

医療秘書・受付事務資格の一覧と費用

医療秘書 事務 資格

医療秘書技能検定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 資格 医療秘書技能検定 評価4
使える

医療事務 資格 医療秘書技能検定 難易度25
取りやすい

 

病院の窓口会計や保険診療の明細書作成など、医療秘書業務の知識を証明する検定資格。3〜1級まであり、3級合格率は約70%と高め。実務マナーなども身に付けることができます。試験は6月・11月の年2回実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。市販のテキストのほか、ヒューマンアカデミーやキャリアカレッジジャパンなど通信講座も豊富にあります。受験料は3級で4,000円、2級で5100円など。

 

 

医療管理秘書士(医療秘書士)

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
協会指定の大学・短大・専門で単位取得が条件

医療事務 資格 医療管理秘書士 評価3
あると便利

医療事務 資格 医療管理秘書士 難易度2
取りやすい

 

病院組織内の管理者・院長などの業務を援助できることを示す秘書事務資格。医事課における受付業務や一般事務、料金徴収、医療事務業務などを学びます。試験は年2回実施。

 

資格取得の費用は?

1,000,000円前後。指定の教育機関での履修が必要です。受験料は7,000円。※合格後に資格の認定料として、医療秘書士は8,000円、医療管理秘書士は10,000円が必要になります。

 

 

医療秘書技能認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
ガイドラインに適合する教育課程の履修が必要

医療事務 資格 医療秘書技能認定試験 評価3
あると便利

医療事務 資格 医療秘書技能認定試験 難易度25
取りやすい

 

病院内受付業務、秘書実務、接遇や電話応対など事務業務全般のスキルを認定する資格です。医療秘書技能『検定』と名前がよく似ていますが、主催団体が違います。

 

資格取得の費用は?

10,000〜50,000円。試験は年2回実施され、受験料は5,000円。

 

 

医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
教育訓練ガイドライン適合履修者または6ヶ月以上の実務経験が条件

医療事務 資格 ドクターズクラーク 評価35
あると便利

医療事務 資格 ドクターズクラーク 難易度25
取りやすい

 

事務処理能力や法律など、医師補助の専門的な知識を持っていることを証明できる資格。医療文書の作成や保険制度、診療録などを学びます。試験は年6回実施。

 

資格取得の費用は?

10,000〜100,000円。指定の通信教育や講座を履修し、年6回実施される試験に合格すると認定を受けることができます。受験料は9,000円。

 

 

ホスピタルコンシェルジュ認定試験

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
3級は受験資格不要・上位級は一部条件あり

医療事務 資格 ホスピタルコンシェルジュ認定試験 評価35
あると便利

医療事務 資格 ホスピタルコンシェルジュ認定試験 難易度25
取りやすい

 

病院の受付事務に役立つ資格。患者への接遇力や医療保険の知識を証明できます。3〜1級まであり、飛び級での挑戦はできません。3級は学科のみ、2級以上は学科・実技の試験があります。

 

資格取得の費用は?

50,000円前後。ソラストの通信講座やテキストで学習し、まずは3級から挑戦します。3級の試験は3・7・11月の年3回実施され、受験料は3,600円。試験の申し込みは公式ホームページから行えます。

 

 

医療業務管理士

資格の種類 役立つ度 難易度

民間資格
受験資格不要

医療事務 医療業務管理技能認定 評価4
使える

医療事務 資格 医療業務管理技能認定 難易度4
やや難しい

 

出来高請求やDPC包括評価請求による診療報酬請求、医療制度、法律、技能などトータルで評価する資格です。医療事務・医療秘書と両方の知識が求められ、やや難易度は高め。

 

資格取得の費用は?

50,000〜100,000円。独学でも受験できますが、難易度が高いため通信講座などで充分に学んでから受験します。試験は3月・7月・11月の年3回で、受験料は8,000円。郵送にて申し込みます。

 

 

■おすすめリンク
登録販売者資格の通信講座 >>

 

 

>> 【事務おすすめ資格18選】費用・難易度・お役立ち度で完全比較!  TOP

page top